今日の昼間は、

部屋の中でTシャツ一枚で

過ごすほど、暖かかった。

一月が過ぎるのが

あっという間だったように

気づいたら春に

なっているのだろうか。


去年の冬に比べて、

今年は寒さで

苦しむことが少なかった。

それというのも、

暖房をいくら入れても

底冷えして仕方がないのは

床からの冷えによるものと

気づいたから。


本当は何も敷かない方が

掃除がしやすいのだが、

背に腹は変えられない。

今年は、近所の家具屋で

カーペットを購入して

床との間に、断熱用として

アルミシートを

挟み込んでいる。


試しに、ニトリの

2mmのものを敷いただけで、

かなり違ったので、

長い時間を過ごす

仕事部屋には、

厚手の15mmを購入した。

足の裏が喜んでいる感じ。

去年は、寒くて寒くて

半泣きな気分だったからな。

守られている感がある。

240210-2
240210-1

建築において

床は重要という記事を目にした。

住む人が実際に触れる時間が

長い部分は、床だからだという。

確かに。


そういえば前の住居に

引っ越したときも、

床が固くて足が疲れる、

床は大事! と昔の手帳に

書き込んだものを。

忘れたというわけではないが

今回の引っ越しは

追い立てられるようにだったので

すっかり二の次になっていた。


 ー*ー


アルミシートを、

ベッドのマットレス下に

挟み込むようにしたら

暖かいのでは? と思ったが

それはやめた。

湿気を放出しないので

蒸れるのだそうだ。


その代わりに防災用の

ベッドサイズよりは

やや小さいものを

ベッドの下にふんわり敷いていて

んー、範囲が狭いから

おまじない程度かなと

思っていたのだが。


240210-3

昨日、掃除で埃を叩いた後

ベランダに出しっぱなしで

敷くのを忘れていたら

昨夜は寒くてお腹が

痛くなって目が覚めた。

侮りがたい! のである。


ちなみに、シートの敷き方は

銀ピカの方を、

温度が高い方に向ける。

(床からの冷気を抑えるには

床と接する下側を

白いフワフワ面、

暖かい部屋の空気と接する

上側をピカピカ面にする)


 


 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村